「ほっ」と。キャンペーン
<   2005年 08月 ( 4 )   > この月の画像一覧
2005年 08月 25日
「異次元。」
「異次元。」

7月26日は、遺る★がお世話になっている
プロダクション  cube  の主宰するイベント

Cubit Club presents ~ musicube vol.2 ~
 in 渋谷O-Crest
 
に、 オープニングアクトとして参加させて頂きました。

いつもは、遺る★オンリーライブでしか
歌って来なかったもので、
お客様も、遺る★の世界観を把握して
下さっている方々がほぼでした。

しかし、今回のこのライブは、

「THE ・ アウェー!!」

ビビる大木どころか、
ビビる青木でござんしたよ。 もう。

しかし、これも修行。

「タマネギ君よ、一皮剥けろ。  涙さながら。」

しかも、今回のライブは
いわゆる ”タイバン ” というものでして、

遺る★の他に、3組の素晴らしきアーティストさんも
出演されています。

年齢的には、皆さん同年代の人達ばかりなのですが

役者業のかたわら、お歌を唄っている遺る★とは違って、

みなさん、音楽一本!!  の本格的なミュージシャンばかりです。

だから、歌唱力・演奏力・音楽にかける熱い想い。

どれをとっても、一級品でした。

「真っ先に出番の終わった遺る★は、
 普通にいち観客になって、魅とれてましたから。」

皆さん、本当に素敵な才能を持ってらっしゃるし、
遺る★は、ホント、super未熟だなぁと実感致しました。

「完敗に乾杯!!。」

でも、とてもいい勉強になりましたね。

そして、遺る★というアーティストが、
アーティストと呼ぶには烏滸がましい存在である事も
謙虚に認識できました。

その変わりと言っちゃ何ですが、

『不確かな手応え。』 だって、
きちんとこの手に掴んできましたよ。

遺る★の後ろで演奏者として参加して下さった、
國吉さんも、
遺る★の感じた事と
同じ事を言っておいででした。

『ね、次元が違うでしょ。』


「そうですね。次元が違いましたね。」


『だから焦らずに、じっくりと、
 あなたは違う次元で唄い続けてゆけばいいのよ。』

『それがいずれ、驚異的な力を産んでゆくことになるから。』


「はい。   精進いたします。」


遺る★の歌は、異のものです。

しかしそれが分かっただけでも、みっけもんでした。

台風のなか、ライブに足を運んで下さった皆様
どうも有り難うございました。

お次は、國吉さんが主宰されるイベント
“ノンキー青空市2”  in ソレイユの丘 (8月6日)の
ステージに出演です。

さてさて、どんなイベントになるやら。
何を学ぶ事ができるのか。

ドキドキです。

go。



                    2005 ・ 7 ・ 28
[PR]
by ill621 | 2005-08-25 22:01 | Comments(0)
2005年 08月 25日
「おおらかに。」
「おおらかに。」

質素でも、不憫でも、
度量の浅い人にはならないように、

広い心で、たたずんでいきたい。

ポジティブや信念を含めた、

遺る★'s style

「large heart 。」

遺る★は、まだまだちっぽけな性格で

ガキんちょな、考え・発言する奴だから、

いっぱしの人間とは、言い難いのだけど

それでも、大らかな人間を志しています。

心が狭いから、世界も狭い。

じゃあ、心を広く持てば
しだいに視野も世界も人脈も、開けてゆくと

思ってて、いいかな。 。 。 。

その為には、まずは

【受け入れる事。】

そして、受け入れたコトを

【許してあげる事。】

今の私には、それが一番難しい。

でも、その為に

歌があってくれるのだとすれば、

いつか需要と供給が成り立って

史上最大のコンプレックスごと

笑える日が来るんじゃないのか。

そんな日が、頑張っても来なきゃ
その時は、死さえもえ受け入れるさ。

私は気づいたことがある。

「私は、地球の裏側にいる。」

「月の影からやってきた。」

「太陽からは、私が見えない。」

「淋しい気持ちは、二人分。」

つまり、二喜二憂している。

そりゃ二通りの筋道から、
正しい一つなんて、選べる訳がなかった。

どちらにも、同じ愛が溢れているのだから。

「ならば、どうだろ?」

「全てを受け入れて、
新しい最善を模索していくというのは。」

それは、凄く大変なことだし。
非常に、難しいテーマでもある。

だけど、遺る★なら、

やってくれると

魂を込めて信じる事が、

「今の私に出来る、
 悲しみと喜びの中の、大らかささ。」

愛するとは、何ぞや。
遺る★とは、何ぞや。

抱きしめたいのに
何故、腕がない。

歩く気満々なのに、
足がない。

「だけど心だけは、精一杯あるじゃないか。」

「心だけは。」

だから、  
赴くままに、

目指せ。

「give and take 。」

今はもう、それに尽きる。

                                    
2005 ・ 7 ・ 22
[PR]
by ill621 | 2005-08-25 18:46 | Comments(0)
2005年 08月 04日
「練り練りモード。」
「練り練りモード。」

「行ってきました。7月12日。」

Nelly の初来日武道館Live!!

何と、オープニングアクトから 
ロンリ~♪ ミスター,ロンリ~♪で おなじみの

あの AKON(エーコン)

ありえますか?

分かりやすく言うと

ケツメイシさんのLiveのオープニングアクトに
Def Techさんが出演されるようなもの。

豪華すぎぃ~。 一石一億鳥ぐらい。

だからのっけから、客席総立ち。

大熱狂でありました。

そして、超悶絶、Nelly。 Nelly。 Nelly。

「キャーッ、ネリ~!!!!」

問答無用に
格好良すぎて、鼻血ブー。

アゲアゲ、ノリノリ、

もうこの感動は、行った人にしか
ホント分からない。

ラップもモチ最高だったけど、
Nellyって踊り方が、
可愛くてオモロイんよな~。

めちゃ踊りまっくて汗だく。
帰りはスキ家でツユだく。

「あぁ行ってよかった~。」

黒人さんて何で、あんなにかっちょいいんだろう。

「俺、男でも抱かれたい。。。。」


さぁ、お次は誰?

とりあえずブラック・アイド・ピーズは絶対にイク。
9月16日に、新木場STUDIO COASTに来日しますから。

あと、4th Live「日命。」で
ギターを弾いて下さった新井さんが、

今大ブレイク中の、スキマスイッチの
Liveツアーのギターを担当されるそうなので、
是非、行かなければ。

そうそうオーニングアクトつながりで、
遺る★も、7月26日に渋谷O-Crest
~cubit club presents~musicube vol.2~
で、オープニングアクトをさせて頂きます。

メッシュも、終了し、じわじわと遺る★
次なる作品発表に向けて始動してます。


                   
             2005 ・ 7 ・ 16
[PR]
by ill621 | 2005-08-04 23:32 | Comments(0)
2005年 08月 04日
「Real Friend。」

「Real Friend。」

結婚や夫婦や恋人やカップル。

愛と愛の間を、取り繋ぐ『パートナー』 という言葉。

世の人の、多くは
老後や将来を共に、寄り添いあって過ごせるパートナーを
人生の中で探し求めています。

それが、子孫を残して行く事につながるし
家庭や家族を持てるという事でもあるから。

これは
夫の精子と
嫁の卵子の、とても自然な流れです。

別に結婚という形式に
とらわれない人達もいるし、

浮気にしろ不倫にしろ
駆け落ちにしろ近親相姦にしろ

誰もが、各自なりのスタイルで

きっと、真実の愛に出会っていきます。

今は、まだ真実の愛に出会っていなくても

それが、自分の愛の『カタワレ』だから。

誰もが、求めずにはいられないはず。

どんなに歪んだ人でも
悲しい人でも、不幸な人でも

私なんかでも。

真実の愛だけは
まんべんなく

真実の愛だけには
どうか

平等という言葉が成立していて欲しいと
心から思います。

これまでずっと、
私は出会う恋、出会う恋、全てを
真実の愛だと思い込んできました。

「もうねホント、我ながら重たいくらい。」

例え、それらが別れを産む恋で
真実の愛なんかじゃなかったとしても、

何年もずっと
真実の愛の幻影から逃れる事ができませんでした。

「必要なんです。 どうしても
遺る★には真実の愛が。」

理屈なんかじゃなくて、
本能がそう叫んでいます。

だから私は今もなお、真実の愛を
見つける為に、願い続けています。

「その為に、遺る★は居るのかもな。」

もし本気で愛した、その恋が
真実の愛でなかったら

絶望的な気持ちになるし
生きるのが、もうイヤになるし

愛が愛でなくなってしまって
自分自身すら見失ってしまいます。

大袈裟ですが、

真実の愛とは
命と同じぐらい価値のあるものであると
私は考えています。

真実の愛さえあれば
どんな人生だって、大丈夫。

遺る★は、どうしても孤独だから
そんな真実の愛を求めすぎて

ヤッキになってたし
盲目的になっていました。

結局いつも
華やかな花しか見えていなかった。

その下にある、
土という、地味だけど
とても大事な存在にも気づけずにいた。。。。

「こんなに愛されているのに。」

あのね、遅ればせながら、やっとこさ知りました

「たとえば真実の愛は、花だけじゃなかったんですね。」

色んな所に、
姿・形を変えて、
真実なるものは、あったわけよ。

一つじゃなかった。

一番じゃなかった。

遺る★の周りを
支えてくれている人達から感じる愛も、

親の愛も、

何気ない他人の親切な愛も、

憎しみの奥にある愛も、

劇団内の愛も

仕事場での愛も

マネージャーの愛も

石飛さんの愛も

國吉さんの愛も

友人の愛も

見ず知らずの、
どこかの愛も、

人が人を大切に想う気持ちは、どれもが、
真実の愛のように豊かであるし。

「愛に、順位なんかつけられない。」

世の中には、真実の愛と同じ位
価値があって、素晴らしいものが
あるんですね。 

 
私は、真実の愛のような
私を支えてくれる、守ってくれる存在が、
世界にたったひとつしか、

真実の愛にしか無いものだと、
思い込んでいたものだから

愛に対して、心が狭かったし、
愛の視野も、随分と狭かった。

「いま私の傍にいてくれて
 私を抱きしめてくれている者の存在が
 どれだけ奇跡的で、
 どれだけ重要で、
 かけがえのないものか
 分かりきっていなかった。」 

・・・・ありがとう、アナタ。

真実の愛が 「Real Loveと呼べるなら。」

私は、「Real Friendなるものをみつけました。」

そのリアルフレンドは、
リアルラブには、なれないけれど、

Real Loveも、
Real Friendには、なれない。

友達のカタワレは、
愛のカタワレと、

同等の、幸せな温もりを
齎してくれるよ。


メッシュが楽日を迎え、

私の元には、 『真実の友達が。』


それによって、真実の愛にも
近づけた気さえしています。


お互い、助け合って
    励まし合って
    労り合って
    愛し合って 、行こうな。

「出会ってくれて、おおきにな。」

今までごめんな、真実の友達。
これからも宜しくな、真実の友達。

俺達は、きっと進化して真価した。

「Real Friend 万歳!!」

一生、一緒にいてくれや。
一生、一緒にいたるさかい。

「優しすぎるアナタが、大好きや。」

友よ共に ・ ・ ・ ・ 灯りをともして 。



                                       
            2005 ・ 7 ・ 10
[PR]
by ill621 | 2005-08-04 19:14 | Comments(0)