「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2006年 03月 28日
「レコーディング大賞。」
「レコーディング大賞。」



a0023924_20425615.jpg















遺る★、本日レコーディング。 
魂込めて、「分身。」を熱唱する風景。




a0023924_20521442.jpg
















録り終えた歌を、これから編集していきま〜す。




皆さんの元にお届けできるのは、まだもうちょい先。

「待っててね〜。」

それから、面白そうな本を色々教えて下さって、どうもありがとうです。

これから読みまくりますぞ〜

目指せ! 文学少年!!


2006 ・ 3 ・ 30
[PR]
by ill621 | 2006-03-28 20:48 | Comments(29)
2006年 03月 21日
「急いては事を仕損ずる。」
「急いては事を仕損ずる。」

ただいま旅公演中で、昨日は新潟公演が終わり、今は仙台公演の為、仙台に来てます。

さっき牛たん食べてきました。

で、食事中スタッフさんの一人に、自分の悩みについて話を聞いてもらっていたのですが、
遺る★は、物凄くガキで我が強くて、辛抱が足りないと指摘を受けてしまいました。
「確かにその通り。反省です。。。我が儘ばかり押し付けてゴメンネ。」
それから一人の時間を、潤滑に過ごせるように趣味を持ちなさいと、アドバイスを頂きました。

「もっと辛抱が出来る人間になるわ。」
そうじゃないと砕ける気がする。

そして、新たな趣味を持とう。

新たな趣味。。。今思い当たるのは゛小説゛だなぁ。

「本を読んで、本から色々学んでいくのが良さげ。」

でも今まであんまり本読んでこなかったから、本に関しては無知で。だからこのブログを借りて、皆さんから情報を頂きたく思いました。

「皆さん、遺る★にお勧めの本を教えて下さい。」

遺る★の性質に合う本、泣ける本、素晴らしい本、為になる本、今読んでいる本、大好きな本。

「皆さんが心をウタレタ本は何ですか?」

触れてみます。


2006 ・ 3 ・ 26
[PR]
by ill621 | 2006-03-21 00:17 | Comments(19)
2006年 03月 15日
「天ぷら。」
「天ぷら。」

今日は、一日お友達係のオトモダチと、

衣装の買い出しに行ってきました。

この御友達さんとは、今回の血祭り公演の全シーン
見事に、一緒に出演していたという間柄で、

(魔女・ヴァンレジェ・ビストリッツの村人・港の人々)

今回の全シーン。全同時出演で、

またまた一段と、その友好は深まったのでありました〜。

中野で衣装整理をしたあと、

原宿に買い物に行って、噂の表参道ヒルズを、やじうま根性でたずねて

表参道ヒルズの中で、田舎もんごっこをして遊んどりました。

干し草に横たわったマネキンに遭遇した時は、思わず

「あんたんちさの牧場の干し草が、東京さで使われとるだよぉ〜びっくらだべぇ」

と大騒ぎでした。

次は浅草に行ったんだけど、

浅草に着いたら、二人同時にウンコがしたくなって、

近くのデパートに寄り道して、ヨウを足しました。

でもデパートのトイレも満員だったので、

オトモダチはウンコができず、

デパートの傍のパチンコ店に、内股走りで駆け込んだそうです。

すっきりとた顔で、靴屋に向かい買い物をし終えた二人は、

お腹すきすきだったので、

お待ちかねのディナーです。

そしてそこで、遺る★は驚愕の食いモンにありつく事ができたのです。

オトモダチの推薦で、入ったお店は、

雷門の脇ににある、めちゃめちゃ高そうな天ぷら屋でした。

”三定”というお店だったのですが、

どのメニューも、めちゃめちゃ破格の値段だったので、

オラは最初、膝ががくがくだったんです。

そしたら、オトモダチが

遠山の金さんみたいにかっこよく、

「奢ってやるよ!たまには贅沢しょうぜ!!」 と言ってくれたので、

その瞬間、僕は、 この人にどこまでも着いて行くと決めました(ToT)

三定で、オトモダチがどうしても食べてみたかったのが

”かきあげ”だったみたいで、グルメなオトモダチの言うとおりに

オラも同じ”カキアゲ”を頼んだのですが、

いざ、食卓の上に運ばれてきた、かきあげを見た瞬間

目が点になりました。

しばらく、我と我が身を疑いました。

「何、この巨大な物体は。」

・・・・そうその巨大な物体こそ、オトモダチが、

ゲシティ(←オトモダチは僕の事をこう呼んでいる。)に食べさせたかったカキアゲだったのだ。

詳しい大きさは写メで、ご確認あれ。

とにかくあんな、ボリューム満天のかきあげは見たことなかったので、

「いただけて、とてもおもしろおかしくおいしかったです。」

お腹も幸せに満たされ、

オトモダチともゲラゲラ馬鹿話をして、

有頂天のオラは、

オトモダチに今すぐ何か恩返しがしたくて、

仲見世の商店街の所で、おそろいの”点滴ストラップ”を購入しプレゼントしました。

「これで、ドラキュラに襲われても大丈夫さ〜」

帰りしなには、浅草寺で、おみくじをしました。

遺る★は、吉でした。  が、、、

オトモダチには、凶が出てしまい、

悲壮感を漂わせながら、

「こんなくらいじゃ、めげません〜。」

と、ちゃっかり力強いオチまでつけてくれてました。

全国公演でも、オトモダチと美味しいものを食べに行きたいと思います。

本日は、衣装の買い出しご苦労様でした。

またいつでも荷物持ちとして、お手伝い致します。

明日からは、6th Liveの準備開始なのだ〜。

久しぶりの、スタジオでの音楽製作。

血祭りの全国公演はまだまだ控えとるけど、

6th Liveの支度も始めていかないと間に合わないんで、

頑張ります。

「素敵なmy葬にするぞ〜!!」


a0023924_22424046.jpg a0023924_2243473.jpg a0023924_22432519.jpg



















2006 ・ 3 ・ 20
[PR]
by ill621 | 2006-03-15 20:58 | Comments(6)
2006年 03月 10日
「傷だらけのキズナ。」
「傷だらけのキズナ。」
神様、僕をとっかえて下さい・・・

未来が来るのが怖いです。

とどまれない今日が辛いです。

ずっと側にいさせて下さい。

私に胸を与えて下さい。
不可能と分かっていても
どうかそっとしといて下さい。

アリガトウと言うつもりが、ゴメンナサイと言ってしまいます。

「醜い。」

遺る★は、、ここぞとばかりにシンドイです。

「私は私、あなたは彼方。」

あなたは、ここにいるのに、ここにはいない。

気の滅入るような錯覚に振り回され、
真直ぐに愛してあげる事もできません。

信じる事ができないなんて、何て愚かなんだろう。

こんな調子じゃ時間の問題です。

とてつもなく幸せなはずが、

息つく暇なく、悲しい。
好きだけじゃ、どうにもならない事が一杯だ。

今夜もあなたと、
これで最後かもしれない夜を大事に過ごそう。

過保護にしてあげよう。
悲しみは、悲しみを産み
貴方には温もりを置き
ただ自分を崩すことなく
今ここにある、いたいけな愛に、精一杯身を委ねる。

やかで、子供は大人になり

私、老いて去る。

「だから今は愛してる。」

慈しめ。

そんな関係。



2006・3・14
[PR]
by ill621 | 2006-03-10 02:14 | Comments(1)
2006年 03月 09日
「魔女だじょ〜 。」
「魔女だじょ〜。」

東京公演も大詰めです。
ドラキュラの方では、魔女三人衆の一人。

ヴァンパイア・レジェンドの方では、乳母のペロドン役を演らせて頂いてます。

どちらも女役なんですが、女役は久しぶりなんで新鮮に演ってます。

しかーし魔女役の方はメイクが大変なんす〜。

「がっつりメイクを施してます。」

普段日常で勿論メイクなんてしないので、今回魔女とペロドンでの、
毎日の女性メイクで、遺る★の顔はボロボロざんす。
毎回女役を演る度に、「女性って、毎日お化粧して本当凄いなぁ」と思います。

今回は、そんな魔女の、make前と、make後の写メを載せときます。
「魔女は、救われない役なので、演っててホント辛いんですが、
辛いって事に、自分でちゃんと気付けてるって事は、魔女の痛みを分かってあげれてるって事で、、、」

「えげつない殺され方をするけども、魔女の断末魔の叫びの中に、自分なりの思いやりを込めていれば、」

その思いやりが、どうにか、魔女への、供養になるのかなぁと思います★

「だって魔女は見世物じゃないから。」

死ねない愛を知ってる、
真っ当なヒトです。

a0023924_23462932.jpg a0023924_23464411.jpg



















2006・3・8
[PR]
by ill621 | 2006-03-09 22:43 | Comments(11)
2006年 03月 06日
「とにかく歌いたい。」
「とにかく歌いたい。」

6th ライブが決まりました。

 遺る★6th live

 ~菊と愛慕する燃えたいゴミの日~

  「my葬。」


  2006・5・7・sun  in 下北沢モザイク


こんな感じです。

そんなこんなで、今の欲求。


「あ~、早くライブがしたいぜよ。」


まだまだ血祭り公演が残っているのだけれど、

心と喉が、歌うことを、めちゃ欲してる。


「遺る★にならないと、身がもたない・・・。」


だから6th liveを凄い熱いライブにする。


「それが今のオラの目標。」


その為に、明日からの悲しみも乗り切る。



私は今こんなにも幸せです・・・・。



「私には、今だかってない抱擁。」  何だか変な感じだな。



続くように、続くように、早く早く、歌いたい。


新しい歌たちが、出たがってる。


痛がってる。 言いたがってる。

間違いなく、


「遺る★史上、究極のライブにする。」


生き甲斐と共に。



                    2006・3・2
[PR]
by ill621 | 2006-03-06 00:38 | Comments(13)