「ほっ」と。キャンペーン
<   2006年 11月 ( 6 )   > この月の画像一覧
2006年 11月 30日
「BILLY JOEL 。」
「BILLY JOEL 。」

東京ドームでの、

ビリー・ジョエルのコンサートに行ってまいりました。

東京ドームでLIVEを見るのは初めてだったので、

ドーム内を埋め尽くす物凄い観衆に、驚愕。

BILLYが出てくる前から大興奮でした。

肝心のBILLYは、もうね、ほんとに、すんごく、ダンディで、

超~かっちょよかったです。

人柄や、漂う色気が、分厚くて最高!!

「声が、また痺れるんよ。」

日本で馴染みの深い「オネスティ」も歌って下さったし、

最後は「ピアノマン」の名曲で感動的におわって、

2時間たっぷり酔いしれましたわ~。

BILLY JOELのLIVEに行けて、とっても良かったです。

「MITSUさん、チケットどうもありがとうございました!!!!」


さて、12月2日、明後日なんですが

ソレイユの丘で、遺る★ちゃん

毎度のごとく、のんびりと歌ってきますわ。

今回は13時~15時の1ステージなんですが、

ぺちゃくちゃと、喋りながら

のどかに、歌って、

楽しく過ごせたらいいですね。

ただーし、

もう12月に入って、季節はめっきり冬ですので、

「冬の野外は当然のように寒いです。」

もしいらして下さる方がおられましたら、

「何とぞ、厚着をしていらしてくださいね。」


ではでは、12月2日にソレイユで。





                                                 2006 ・ 11 ・ 27






a0023924_23321396.jpg
[PR]
by ill621 | 2006-11-30 23:32 | Comments(9)
2006年 11月 27日
「Bulb」
「Bulb。」

土のなかで 

じっと

根を張っているよ

その日が来るまで、

悲しみの如雨露

優しさの肥料

あなたは、雑草

引かずにいてくれた

雑草があったら、

花は咲き難いけど、

私と、生えてくれた

雑草は、友人

一緒にいたいと

察してくれたの

そんなあなたに

撒かれた養分、

草と分け合う

種に送り込み

水を差し出す

大事に吸い取る

虫の集まる

力が欲しいと

伸びて、

押されて、

風に乗って、

祈りを運ぶ

さんさんと。

球根の

尖った麓には、

遺る★が埋まっているんだよ。

雑草の根っ子の岬には、

心臓が灯っていたんだよ。

「あなたが、よりよく照らされゆくよう。」

この掌は裸足になった・・・・


「泥は、虹色。 空を切り裂いて。」                                                   



a0023924_1932544.jpg





















                             2006・11・21
[PR]
by ill621 | 2006-11-27 18:22 | Comments(4)
2006年 11月 24日
「介護。」
「介護。」

7th liveが終わってから、

老人ホームで介護の仕事を始めました。

はじめて飛び込んだ世界なので、

あたふたの連続ではありますが、

いま、人の役に立って生きてれているんだなという事を

実感しています。

そして、

口や体が不自由になりながらも、

日々を、愉快に頼もしく生きておられる老人の方々の

ほがらかな強さに、

勉強させられっぱなしです。

僕の手をとって、一生懸命、歩行訓練をされる姿は、

生命そのものです。

僕の挨拶に、必死に耳を傾けて受け答えしてくださる、その笑顔は、

ごく自然です。

遺る★は、贅沢な奴ですね。

満足に動かす事のできる、

自分の身体への感謝を怠り、

「ないものねだりばかりでした。」

でも、ここで働いていると、

人間のよさが、

よくわかります。

「僕も、頑張って、成長して

 “捨てたもんじゃないな”って、

笑って言える強さを、身につけていきたいです。」




                                       2006・11・16
[PR]
by ill621 | 2006-11-24 19:50 | Comments(9)
2006年 11月 07日
「とかげ。」
「とかげ。」


私の、私の聖堂を取りもどさなくては ・ ・ ・ ・。


ある日、この本が届きました。

遺る★に、読めとのことです。

「あなたに是非、読んでもらいたいんです。」

つらい人たちと関わり合っている人のお話。

何故、つらさに耐えられないと知りながらも、

その暗さに、しがみついているのか。

どうして、そんな不自由な生き方を選ぶのか。

その理由。。。

その理由こそが、

『希望』というものだった。




あなたの言ったこと、

いっぱい考えた。

私は暗い。

どうしたら明るくなれるかなんて考えたこともなかった。

その上、

あなた以外の人としゃべれない。     <ひとかげ58ページ>




後悔はしていない。

なんでかっていうと、

たとえそこが暗くても、

私にはそこのほうが安らげたし、

面白かったからだ。          <ひとかげ55ページ>







そんなに辛い生であるはずなのに、

彼女を見ると、

何故か

生きている感じがわいてくるのだった。      <ひとかげ75ページ>
                  



                                              
                                                                      a0023924_10323686.jpg






                                        















                                                 2006 ・ 11 ・ 10
[PR]
by ill621 | 2006-11-07 10:29 | Comments(5)
2006年 11月 05日
「賢いリコーダー。」
「賢いリコーダー。」

来年、美織さんがレコード会社から発売される、

リコーダーで奏でられた音楽アルバムの

レコーディングに参加させてもらってきました。

総勢70人ものリコーダー奏者が集まってのレコーディング。

みなさん勿論ミスなんてされないし、

ほぼ素人に近い遺る★が、

その方々に混じって吹かせて頂くなんてね、

超凄い体験。

緊張しました~。

でも、あんなに沢山の人と一緒に合奏できる機会なんて、

そうあるもんじゃないからね、

めっちゃ楽しかったです。

わざわざこの日の為に、和歌山からおいでなすった方もいたりして、

あらためて美織さんの人脈は凄いなぁと思いました。

その和歌山からいらしてた方から、

なんとなんと、

「青いる。」発売のお祝いに、

日本酒を頂きまして、

ラベルまで、イル仕様にしていただくという、

その手の込んだ優しさに感動致しました。

今度、和歌山に遊びに行きますね!!

「お酒、大変おいしゅう召し上がりました。」





         
                                                2006 ・ 11 ・ 4



a0023924_22313121.jpg
[PR]
by ill621 | 2006-11-05 22:28 | Comments(4)
2006年 11月 01日
「live snaps here!!」
「live snaps here!!」

10月12日の遺る★7thライブの

ライブ写真を紹介しますね。

あの日の雰囲気が少しでも伝わればうれしいな。



a0023924_35058100.jpg
















おみやげ物のシール(通称:シイル)を作っている風景。


a0023924_353145.jpg
















本番のギリギリまで、おみやげ物作りにかかってます。


a0023924_3542593.jpg
















出来上がった、粗品がこれです。手作りって所に意味があります。


a0023924_3552088.jpg
















ギターのアライさん。(ネコ男爵って呼ばれてます。)


a0023924_3554429.jpg
















キーボードの美織さん(ライブの守護神です。)


a0023924_4581292.jpg
















「もう少し声の返しください。」って、PAの方にお願いしています。


そんなイルの後ろに居るのが、
ドラム&パーカッションのロブさんです。



a0023924_52154.jpg























真っ白いステージで、リハーサルやってます。



a0023924_572143.jpg





















精神統一。



a0023924_592665.jpg
















バックバンドと音の呼吸を合わせて。




a0023924_5122735.jpg















この二人は、コーラスのa-junちゃんと、あらいしゅんすけ君。
この二人が居てくれると、ホント緊張感がイイ感じでほぐれるんよ。



a0023924_5203523.jpg















厳しく見守っている、マネージャー側からの視線。
こうして、慌しくリハが終わってゆく。




a0023924_5231013.jpg

















リハを終えてステージは、嵐の前の静けさ。



a0023924_5234329.jpg

















さぁ客入りが始まりました。
楽屋では、出演者がおのおのに集中してる最中。



a0023924_5254033.jpg
















お客様が席につき、
いつものオープニングBGMが鳴り出す。



a0023924_5272043.jpg














始まった。

ロブさんが、景気づけに

「イル君イェーイ! 打ち上げ花火をあげようよ!!」だってさ (笑)



a0023924_5325055.jpg
















7th live ~非常ベルを押す精霊の会~「ELEGY。」   @下北沢モザイク



a0023924_5383399.jpg
















痛みを優しさに変えたいという祈り。



a0023924_5421517.jpg
















・ ・ ・ ・ 。

届きますように★



a0023924_540618.jpg
















時には、激しく。


a0023924_5433857.jpg
















時には、優しく。







a0023924_5475032.jpg





















みなさん、どうもアリガトウ  ・∴・∵・★


ほんまに、ほんまにアリガトウ  ・∵・∴・☆




  「朝日が昇る場所にゆこうか。」












                              
                                         2206 ・ 10 ・ 29
[PR]
by ill621 | 2006-11-01 01:49 | Comments(4)