<   2007年 01月 ( 5 )   > この月の画像一覧
2007年 01月 29日
「レスリング。」
「レスリング。」

駒沢総合体育館に、レスリング全日本選手権を見に行ってきました。

もともと、格闘技好きなのですが、

生でレスリングを見るのは初めてだったので、

どんなもんだろとワクワクしました。

「いや〜レスリング、ゴツゴツ感が素敵でしたよ。」

そもそも、

今回は、山本KID徳郁選手が、北京五輪出場に向けて

レスリング協会に7年ぶりに帰ってくるという試合だったので、

注目度も凄くて、

KIDさんの試合前には、TV放送用にVTRとかで演出もあったりしたので、

会場的にも沸いてました。

生KIDさんは、筋肉隆々で、

野性的で、カリスマオーラ全開。

「かっこよすぎて、かっこよすぎましたよ。」

なんで、そんなにかっこいいんすか!!!

遺る★とは全然違う、

たくましいファイターのみなさん。

「あぁ。。。あんな風に産まれてきたかった。。。」 

もちろんみなさん、努力の賜物あっての、

今なんでしょうけどね。

「あぁ。。。お近づきになりたい(笑)」

他にも、国際試合106連勝中の吉田選手も、

浜口京子さんも、見れて  〈二人とも勿論優勝。〉

「どうみても、かっこいいな〜と痛感。」

KIDさんの方は、残念ながら、

2回戦で、肘を負傷して負けちゃったんですが、

まだ北京への夢が、消えた訳ではないんで、

最後まで諦めずに、怪我を治して次の大会も頑張るそうです。

『後悔したくないから』と、トライされる、その姿勢が、

「あんな風な、鋼のオーラをまとえる味噌でもあるんでしょうね。」

強い人に恋焦がれる、遺る★の日曜日でした。



     
                                                                  2007 ・ 1 ・ 29




a0023924_234250100.jpg

[PR]
by ill621 | 2007-01-29 23:38 | Comments(3)
2007年 01月 29日
「心の凸凹。」

 
a0023924_2344950.jpg




「心の凸凹。」

私を心配してくれている人、すいません。

私が裏切った人、すいません。

私と関わってくれている人、すいません。

私を産んでくれた人、すいません。

私の事が不愉快な人、すいません。

私の事を好いてくれている人、すいません。

「あなたにとって一番大切なものは、何ですか?」

「そう言われると、なんだろうな。」

そんなん選べないよ。

「一番を選んだら、一番になれなかった大切なもの達が、離れてゆく気がして … 
 
 しがみつく様に纏わりついてしまう。」

このままじゃみんなを窒息させてしまうんじゃないだろうか。

「震えるくらいに、怖くて怯える。」

よくないはずだ ・ ・ ・ これじゃ、ただ巻き込んで終わってゆくだけだから。

しっかりしなくちゃ。

ルールを守らなくちゃ。

だけど、ボクには鰭がない。

こんなんじゃ、希望に応える事が出来ない。

「人生には波があるらしいけど、」

鰭をなくした私は、溺れてしまうのが怖くって、

もうずっと、海にも行ってなかった。

「変わりに、夜の砂漠で泳いでいるけれど。」

「結局ここにはオアシスがないんです。」

あなたにラクダも見せれずに、

みるみる、ドロドロ、干涸びたなら、

「謝っても、謝りきれなくなる。」どうしょう。

だけど、海水は目に沁みて、

目も開けられなくて、

「今の遺る★には、波の音が聞き取りにくいんだ ・・・・ 。」

誰をねたんでいる訳じゃあないけど、

羨ましい事がむやみやたらと無数にある。

ボクは小心者だから、

ボクには、億劫がハマっていた。

五体満足な体に感謝していても、

心が五体満足でないと、

言い張るボクが、面倒くさい。

「私はあなたを応援していますよ。」 「囁く声が耳を霞める。。。」

「一体あなたは何者ですか?」

「どうしてこんな厄介なボクを励ますのですか?」

しょせんは他人事なのに、

なのに、くせに、

′あなたの言葉がとても、気持ちよかったです′

「ボクの何が、あなたをそんなに引きつけたのかな?」

ボクはこんなにも、

ボクの心の色々を引き離したいのに。

あなたはボクの事を、いつも、たまにじゃなく、気にとめてくれる。

ごめんなさい。

「分身を脱臼させた、今のボクには能がないんだ。」

だけども、

「生まれてこれた理由を、波の上に乗せたい。」

それは、あなたの為に。

私を築いた、あなたの為に。

「私の中の膿は、願った・・・・。」

「私はここよ。」

魚にも、舟にもなれないけれど。 涙を流す事ぐらいならできるから。

ーーーーーーーーーーーー。

私を育ててくれた人、アリガトウ。

私に傷つけられた人、アリガトウ。

私と繋がってくれている人、アリガトウ。

私を産んでくれた人、アリガトウ。

私の事が苦手な人、お幸せに。

私の事を愛してくれている人、お元気で。

分かり合えても、

別れが来ても、

「一番大切なものはきっとあなたと同じです。」



                  
                                                                  2007 ・ 1  ・ 2 3
[PR]
by ill621 | 2007-01-29 22:27 | Comments(11)
2007年 01月 19日
「白い林檎。」
「白い林檎。」

僕の腰は、本当に重たかったのです。

そんなヘルニアのような腰が、

後押しの力で、持ち上がりました。

遺る★の将来の事を、真剣に考えて下っているからこそ、

獅子は、我が子を崖から突き落とします。

「這い上がって来いよ。」

「ずっと待ってますから。」

母さんの頭には、息子の死などの選択はありませんでした。

「この子は強い子だからです。」

「子は宝だからです。」

だから容赦なく、突き落とせるのです。

「うちの子は、うちの子に限って、、、」そう言って

被害者のごとく

擁護するのではなくて、

信じきった上で、

加害の審判にかけられました。

誰かを苛めるくらいなら、

うんと、己を虐めればいい。、

「これからは、これからよりも先の事の為に繋がっていられる道を。」


だから、これからは、崖の下。

新たな章の森に入りますね。


獅子の子は、這い上がる為にもと、

白い林檎を買いました。


それは、アダムとイルの、林檎です。


上手にかじりぬけるように、

「私が貴方の歯を鍛えましょう。」

安心して食べ切れるように、

「私が貴方に、術を教えましょう。」

だけど、腹をくくるのは、あなたです。

腹に身ごもった、その林檎を、

「どうか、必死で育ててください。」


・ ・ ・ ・ 貴方を守れるものならば。

谷間なくらいが、丁度いい。


「遺る★から、イルに変わったのに、いつまでも遺る★と記している。」

生きてゆこうとするものならば。

「何かを捨てる勇気も必要ですよ。」


「私は、欲張りかもしれません」

「だけど捨てれない事を、捨てれません。」


これは、”しるし”だからです。

遺る★は、イルの印だからです。


目印がないと、人は迷子になってしまいます。

「迷子にならないように手を引いてくれている標識の有難さ。」

それが身に沁みて分かった時、


僕でも愛されている事に気づけたのに、


標識の中から

どれかを選りすぐるなんて、やっぱり出来なくて、


最善の一つを選ぶ事よりも、

右往左往するかもしれないけど

うんとこどっこいしょ。


イルは、通って来たもの全てを、いっしょに連れていきたいんです。


「そんなには持ち運べないかもしれなくても、


 そんなにも大切なものだから。」



「僕はまだ、本当の優しさが何なのか、見つけられてはいない。」


「見つけてないのに、開放してしまうよりも。」

「見つけてから、判決を下す方が僕らしい。」


それまでは、裁判と裁判と裁判を。


敗訴も勝訴もない国へ・ ・ ・ ・。


「その時、痛みの質も変わるかな ・ ・ ・ ・ 。」









                                            2007 ・ 1 ・ 18






a0023924_21475658.jpg

[PR]
by ill621 | 2007-01-19 21:57 | Comments(9)
2007年 01月 14日
「 小火。」
a0023924_117132.jpg

「小火。」

↑の熊さんのキーホルダーは、とびびのフランス土産っす。

14日は、スタジオライフのファンクラブイベントなので、とびびとも再会。

最近は、とびびともプライベートでなかなか遊んだりしてないんで、

今度、アイドルのコンサートにでも一緒に行きたいと思います~ヽ('ー`)ノ~

ファンクラブイベントでは、久しぶりにイグーをやらせて頂きました訳ですが、

時の流れがたつのは本当に早いもので、

「ボヤボヤしてたら、あっという間に見過ごしちゃうよな(ΘoΘ;)」

ってな訳で、

遺る★もボチボチ重たい腰をあげて、

「やってきた事が無駄にならないようにしなきゃ!!」

所で、「ハケンの品格」見てますか?篠原涼子さん主演の連ドラなんすけど、初回の視聴率も絶好調らしく、
このドラマに劇団の同期が出てるんで、見てみてくださいっす(`o'ヾ






                                                                                                      2007・1・12
[PR]
by ill621 | 2007-01-14 11:07 | Comments(8)
2007年 01月 08日
「謹賀信念。」
a0023924_18522947.jpg





「謹賀信念。」

あけましておめでとうございます。

ありきたりな挨拶ですが、やっぱこれしかないでしょう。

「今年もよろしくお願いします。」

お正月も、あっという間に終わってしまった訳ですが、

皆様は、どのように過ごされたのでしょうか。

遺る★の生まれ星座の、射手座はですね、

なにやら12年に一度の幸運期に入ると、TVブロスに書いてあったのですが、

「どうなんでしょうかね??」

でも、おみくじは、‘大吉‘ が出たんですよ。

だから、ひっそり期待しときます。



今年の、初笑いはですね、

初詣の参拝で並んでいる最中の出来事でした。

知人に言われた一言。


おいらが、「今年の目標は自分探しかな~」って言ったら、

その知人が、、、ぐさりと


『あんたは、自分探ししすぎて、逆に迷走しちゃうタイプだからやめときなさい。』 だって。


いや~、ごもっともかも。。。


的を射た、その発言に思わず、初笑い。


ですんで、今年の目標は、『礼儀を重んじる』にしましたよ。


礼に始まり、礼に終わる。

当たり前の事ですが、結構できてない人多いすんよね。(自分も含めてね)


でも、なかよしこよしじなくても、普段、愛想悪くても

せめて、礼儀だけはきちんとしなくちゃ、

始めることも、始まっていかないなぁと感じましたので、


「挨拶の言葉を、お礼の言葉を、お詫びの言葉、礼儀を、大事にしてこうと思います。」



上の画像は、知る人ぞ知るアメリ。

家の居間にポスターを、飾ってるんですが、

何か見るからに、めでたいポスターだなぁと思って

2007年、一発目にドカンと貼りました。



「幸せは、すぐ側にあるんですぜ。まだ気付いてへんだけで・ ・ ・ ・。」


「今に分かるからダイジョウブやで 。」






                                            2007 ・ 1 ・ 6                                 
[PR]
by ill621 | 2007-01-08 19:14 | Comments(8)