「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧
2010年 05月 17日
「青空が似合うように。」
「青空が似合うように。」

今日は、6月5日(土)に行われる

国吉美織さんの主催イベント”青空市4”の

打ち合わせ&リハ等々をやってます。

このイベントは2年に一度開かれていまして、

イルは”青空市2”の時から毎回参加させて貰っています。

今回も、凄いミュージシャンの方々が出演者に名を連ねられていて、

イルも、共演させて頂ける事に

内心ビビリ〜の、

わくわくしまくり〜のでございます。


世界屈指のクライマー、

小山田大さんのクライミングジムという

ライブを開くには一風変わった不思議な場所で、

野外ライブさながらのココロ解放されたひとときを味わって頂けると思います。


音楽を聴いて、心が高鳴ってきたら、

そのまま施設内に設置されているクライミングに挑戦して

今度は身体を高鳴らせてみるなんてのもアリ!!



色んなアーティストさまが、

それぞれの世界観を持ち寄って、

音楽を奏で、

心を奏で、

「青空になる。」



その場で、同じ時間を共有しているだけで、

そして、その青空に耳をそばだてているだけで、

もう、

まるで精霊の森に迷い込んだかのような、

幻想的な1日を体感して頂ける事間違いなし。


都会の忙しさに少しだけ疲れちゃったなんて方は、

“青空市4”に是非癒されに来て下さいね♪




青空市4詳細ページ



でね、イルも、豪華なミュージシャンの方々と御一緒に2曲ほど歌わせて頂くよ。

久しぶりに初期の名曲(笑)「琵琶の子守歌。」も披露する予定ですよ〜。


6月5日、みなさまとステキな時間を過ごせますように☆



それからね、

7月の舞台「じゃじゃ馬ならし」が終わった後の、

8月7日(土)には、


Studio Life 創立25周年presents 〜イル special LIVE 〜 

『真夏の水槽』 と題しまして、


単独でイル特別ステージを開かせて頂く事になりました。


これまた久しぶりに、

ガッツリと”イルダークワールド” を堪能して頂くべく、

10曲〜13曲ぐらいの、表現曲を携え

魂打ち鳴らして歌わせて頂きますので、

”青空市4”共々、”真夏の水槽”の方も楽しみにしていて下さい♫


「イルの消しゴムは、まだこうしてここにちゃんと生きづいていますからね。」
[PR]
by ill621 | 2010-05-17 22:04 | Comments(62)
2010年 05月 01日
「イチョウ。」
「イチョウ。」

5月になりました。

赤坂ACTに小屋入りしています。

赤坂は、イルにとって

大変ゆかりのある場所です。

1st Live をとり行った神社が、

赤坂にあるからです。

あれから、時は過ぎて

いまここにイル自分。

これから、また時はめぐり

過去にきしむ自分。

未来を見れるかな?

「見たいなその先。」

あれ、何か弱ってるなぁ

なんでやろ

どうしたんやろ

こんな時あるよね

全てが途方もなく空しくてしょうがないの

はじまりも

さよならも

はじまらなかった事も

何気ない風の柔らかさも。


勿体ないよね

分かってるのに

分からず屋だから

難しいんだ、自分押し殺すの。

しっかりしなきゃ

頭を柔らかくしなきゃ

心を軽くしなきゃ

なのに、

窒息しそうになるんだ

価値が壊れて。

やたら重くて。



だから赤坂に来たので、

まず一番最初に

赤坂氷川神社に行ってきました。


いつ訪れても、

守り神のように迎えてくれる、

樹齢400年のイチョウの樹。


コトバも媚びもへつらいも元気も何も用意しなくてよくて、

僕がどんな人間かわかってて


ただそこにそびえてくれている。



そんな、このイチョウの樹の偉大さに、


今日も、

自分の情けなさや、

弱さや

我が儘や、

未練、

そっと、

しなやかに

丸めこまれてしまいました。。。


かなわないや、やっぱ。


かまわないや。。。


「叶わない事、庇えなかった事。」


イチョウは、大丈夫と言ってくれたよ。



こんなイチョウのように、

鎧やら、盾やら、

剣やら、錆やら、宝石やらで、

もう飾らないでいい、

そのままでいい自分になりたいな。



でも、こんなふがいない、今のままの自分じゃあね。。。


「つまりはやはり頑張らなきゃな訳なのだ。」



今、5月のイチョウの樹の色はこんな感じでしたよ。




a0023924_133842.jpg












































若葉の色だね。

空を取り込んで、

また成長してゆこうとしている

ぼくとつな生命の香りがしていました。



参拝をした帰りには、

前に来た時にはなかった、

こんなものを発見。

イチョウの樹のお守りだってさ。




a0023924_161014.jpg












































一目惚れ。

これは今の自分には必要だな。

すかさず購入しました。

こんなキモチの時には、心強いものでしょ。



今回の黒執事観劇に

赤坂へ、足をお運び下さる事があるようでしたら、

赤坂氷川神社の方も、

訪れてみてはいかがでしょうか?

雨の日も風の日も400年間、

そして今も尚、

こうして穏やかに生き続けてくれている

雄大なイチョウさまに会えますよ。



イチョウの葉って、

ハートの形に似てるよね。

人の心を沢山、

おぶって、

毎年、

約束通りの実をならすイチョウの樹。




「あなたがいると、もうそれだけで優しいんです。」



だから生きて、
また会いに、顔見せに来ますね。
[PR]
by ill621 | 2010-05-01 01:27 | Comments(51)