「ほっ」と。キャンペーン
<   2010年 06月 ( 1 )   > この月の画像一覧
2010年 06月 21日
「6th Anniversary。」
「6th Anniversary。」

このブログも今日で丸6年です。

なんかいろいろあるけど、

どうにもならないものもあるけど、

舗装しながら生きています。

失望しきった自分がいて、

希望を手放せない自分がいて、

あきらめそうな憔悴があって、

踏ん張ってる執着があって、

気のせいだったりして、

それを目の当たりにして、

なのにまだ想いは続いていて、

着地できなくて、

いつも浮遊していて、

信じられるものが判らなくて、

信じてきたものに霧がかかって、

奇跡は、しょせん奇跡で、

それが軌跡に変わることはなくて、

こういうものだって、人生って、

もっと素晴らしいものだって、

思いたいのに、

まっすぐ歩けなくて、

手も繋げなくて、

こういうものなのかって、落胆して、

また思い知るのに、

余計あきらめきれない。

厄介な祈り。

介抱してあげる。

大事な人も。

大切じゃなかった私も、

私は背負う。

手負いの夢も、

深追いしたい・・・

この愛で、

覆う。


老いた夜、

置き去りにしなかったここを

きちんと埋めてあげたいから。

自分で割った鏡も、

落として割れた花瓶も、

壊れて割られた絆も、

破片も、

記憶も、

拾う。


そして、捨てない。

だって、捨てれない。

そんなたやすくないもの。

だったら、見つけなかったもの。

私の傍に揃えておきたい。

朽ちた後でも供えておきたい。

花は、枯れても花なのよ。


そこにこそ、普遍があると思う。


咲くものよりも、

枯れたものを尊ぶ生き方は、

とても、暗く空しいけど、

それでこそ、普遍だと思う


私は、きっとこんな自分を恥じちゃいけないんだ。


そして、忘れなかった痛みが、

あなたを綿に運ぶだろう。

骨が、それに出会った時、

いつかは、

いつまでもに、

どうかは、

同化に、

受精する。

星になり。

帆になる。

実り。

さよなら。 やっと逝ける。

知る。

こんな私にも、


それが、あったことを。


それが願い。


「それだけが私のすべて。」
[PR]
by ill621 | 2010-06-21 01:27 | Comments(73)