2010年 12月 31日
「星の川。」
「星の川。」

星の川を、流れ抜くと、

星の海に、辿り着く。

漂流していると、誰かは言うけれど、

浮遊していると、誰かは笑うけれど、

私はここでしか生きられない。


海では呼吸もままならない。

ヒレもなくて上手く泳げない。

溺れそうになったり、

沈みそうになったり、

いつも危機と隣り合わせ。


夜の海は、漆黒の洞窟みたいだし

朝の海は、無人島みたいだし、

星の海なのに、星さえ遠く遠い。



だけど、私はこの星の海を愛している。

星の川から、流れてきた優しさが溶け込んだこの海で、

私は、一生漂うだろう。


構わない。

朽ちない。

笑えばいい。


私は、ここでしか成り立たない。



痛みの泡沫は、いつも発生している。

この場所でしか発光しない事も知っている。

なし得ない事を、なし得る。

夢は、きっといつか海の羽を生やす・・・・。


だから、私は孤独を打ち上げて、

また、あの星の海へ還るだろう。

流れ星が堕ちた、星の川を流れて。


ただひとり、明けると信じて疑わない。



そしていつもあなたを探しているよ。

探す事が、星の愛だと知っているから。

そう、それでいい。


「雨でも見える星になれるなら。」




2010・12・31     よいお年を★
[PR]
# by ill621 | 2010-12-31 20:04 | Comments(46)
2010年 11月 29日
「羽化するという事。」
「羽化するという事。」

今日は、いよいよ羽化ライブ当日です。

きのうの今日は、「DRACULA」千秋楽と、バラシがあって、

まだ気持ちが今日に追いついてない感じです。

準備期間も、演劇との掛け持ちだったので、

ままならず、

今までで、一番milly la foret はじめ、色々な方に

何から何まで、めちゃくちゃお世話になって

本番を迎えようとしています。

自分の為に、こんなに皆さんに尽くして頂いて、

本当にありがたいことです。


昨夜は、いろいろなことを

思いながら、感じながら、

懐かしみながら、

リハをしていました。

イルとして生きてきた時間。

携わってきて下さった方々。

生まれきた歌たち。

守られてきた歌たち。

育まれてきた歌たち。

愛されてきた歌たち。


辛かった事もあったけど、

感謝の気持ちの方が沢山。

イルのこれまでの全てが、

今日のライブには詰まっています。

それを、一緒に振り返り、

皆さんの想い出の中に連れて帰ってあげて下さい。

そうすることで、きっと歌たちは羽化できます。

当日券で来れそうな方も、

ウエストエンドの巣の中へ是非いらして下さいね。



そして、イルの新たな旅立ち。

大海原へ、

飛び立ってゆこうと思う。


大切でかけがえのない者に、

見守って頂きながら、

イルは、

ここまでこうして生きてきました。


「イルをやってきて本当によかったです。」


僕は、その本当によかったですに、報えるような人間になる事が


自分の未来の夢です。



今日が風化しない夜になりますように☆ どんな時もありがとうばかり     イル
[PR]
# by ill621 | 2010-11-29 13:13 | Comments(73)
2010年 10月 12日
「最期の星。」
「最期の星。」

今年、最後のLIVEが決まりました。

今回のLIVEは、ワンマンという形ではなく、


大切な仲間に囲まれ、
共に過ごしてきた仲間に見守られ、
かけがえのない仲間に突き動かされて、


新たなステージへと旅立つイルの、


特別なライブになると思います。



大好きなmilly la foret が、忙しいなか

このLIVEのプロデュースを引き受けてくれました。

本当に温かい、愛する仲間です。


「DRACULA」の舞台公演がある中で、

無謀にも近い日程での、ライブになりますが、

milly la foret の、温かい愛に呼応できるように、

頑張りたいです。


そして、この場所から殻を破って

大空の海原に飛び出してゆけるように、


最後まで悔いのないように、


「力を振り絞って駆け抜けたいです。」



平日の夜で、

お忙しいかとは思いますが、

一人でも多くの皆様に、

いらして頂ける事を願っております。


これは、星が生まれる日です。          

                          イルより。



a0023924_19385014.jpg














































★-------------------------------------------------------------------☆

出 演・イル(青木隆敏)、milly la forêt =荒井俊輔、国吉美織
日 時・2010年11月29日(月)19:00開場 / 19:30開演
場 所・ウエストエンドスタジオ
参加費・2800円(前売り)3000円(当日)

11月1日(月)20:00予約受付開始
下記特設サイトよりお申し込み下さい。
http://millylaforet.com/uka
*定員になり次第締め切らせて頂きます。

★フライヤー(白黒)・ダウンロード
★フライヤー(カラー)・ダウンロード
[PR]
# by ill621 | 2010-10-12 19:07 | Comments(68)
2010年 10月 12日
「整理するための一歩。」
「整理するための一歩。」


書こうか、書くまいか、迷った。

もうここは、そういう場所ではないから。

ただ自分の想いを赤裸裸に書き散らしていい場所ではなくなっているから。

責任がいるし、立場もあるし、

思慮分別が必要となっている。


だけど‥‥、

この胸にあるこの像は、

この6年半の、

このブログを刻んできた

かげがえのない”痛”みだから。

やはり、きちんと書き遺しておかなければいけない。

向き合う為にも。

乗り越える為にも。


これからの私の為にも‥‥。

大丈夫。あなたは愛されてる。




  『整理するための一歩』



このまま整理をつけないまま、

逃げてばかりで30代になるのはいけないと思った。


だから、自分の大好きな、あの場所に五年ぶりに行った。


友達が誘ってくれなかったら、行かなかったかもしれないけど、


このまま何もしないで、逃げてばかりで

誕生日を迎えるのはいけないと思ったし、嫌だったし、正直つらかった。



30代まで、あと二か月。

最近、このタイミングで、自分を振り返る出来事が色々発生する。

つい、先日、一足お先に30代になった知人も、

30代を前にして色々自分の人生、考えさせられたそうな。


今回、友達もタイミングよく誘ってくれたし、

今まで無理矢理封じ込めていた想いを、

30代を前にして整理してあげられる、

最後のチャンスかもしれないと思ったので、

これは今、行かなきゃ駄目だと思って、決意した。


結果、行ってみてよかった。


まだ大切な場所のままだったし、

自分の気持ちにちっとも整理なんてついていなくて、

未練たらたらの状態のままなんだという事もよーく思い知った。


凄く切なかったけど、

これが今の紛れもない自分なんだ。

どうしょうもない。

隠していても、これはいつまでも居座り続ける未練なのだろう‥‥。



友達に言われた。

このままでいいの?って。


ずっと胸にしまって、

忘れたふりをして生きてきたけど、

結局、何も変わりにはならなかった。


そう。 私は、結局逃げてきただけだった。



30代を前にして、最近強く思う事がある。

「自分を、変えたい。 変わりたいって。」


こんな自分でもいーじゃんって今までは、思うようにしてきたけど、


はじめてこんなに強く、自分の性格や性質を変えたい。

自分は変わりたいって思ってる。


整理をつけるという事が、

幸せな事になるのか、

もっと辛い事になるのか、

そもそも整理なんかつかないんじゃないのか‥‥今は判らない。



けど、私は一歩を踏み出した。



もうすぐ30歳になる。

私は変わりたい。

こんな自分を変えたい。


ずっと散らかしっぱなしのままにしてた、この大切な気持ち。

本当の気持ちを、整理するための一歩。


一歩、一歩、いい道でも、悪い道でも、前を向いて進んでいきたい。


人それぞれ、30代に向かう事への価値観は違うだろうけど、

その日が来てしまえば、

何てことない、

今までと同じ日常が繰り返されるだけなのかもしれないけど、


私は、30歳になるという事は、

自分を見つめ直し、歩き直す為の、


大きな意味のある事だと思う。
[PR]
# by ill621 | 2010-10-12 19:03 | Comments(31)
2010年 10月 04日
「げ。」
「げ。」

ゲシというあだ名で呼ばれている僕なもので、

大量のゲシグッズを購入してきたぞい。


今回のお買い物。。。

げんべいのTシャツ2枚、

タオル1枚、手ぬぐい1枚。

イエス!!超〜イケてる。


“げ”のトレードマークが、最高でしょ。

まさに、ゲシさんの為にある、

げんべいさんの商品でございます!!






a0023924_18315326.jpg
[PR]
# by ill621 | 2010-10-04 18:33 | Comments(27)
2010年 09月 24日
「六本目のロウソク。」
「六本目のロウソク。」

今日は、2010年9月24日(金)。

おはようございます。

6回目の9月24日です。

お久しぶりですね。みなさま。

イチロー選手が、メジャー10年連続200本安打を達成されましたね。

おめでとうございます。


イルの今年のこの日は、舞台の本番中です。


初舞台の場所である、新宿シアターサンモールにて、

「今度はオセロ」という舞台を

ただいまやっております。



もうロウソクも六本目なんですね〜

早いね〜

とうとう、片手で足りなくなってしまいましたよ。


新しい作品をなかなか発表できなくてごめんなさい。


すっかり待ちくたびれてしまいましたよね。


遺る★が、大変お世話になったキューブさんを離れてからは、

スタジオライフでの演劇に専念し、

表現の土台を固める事に集中と精力を注いでいる状態なので、

その土台を、しっかりと演劇のロウで塗り固められるようになるまでは、

まだまだイル自身も思う様には突き動かせない所があるのです。

現実は難しい。。。


そんな中でも、2010年9月24日まで、

あいも変わらず、愛し続けてきて下さった皆様には、

今、感謝の想いでいっぱいです。



今年は、1月の白道に始まり、

6月の青空市4

8月の真夏の水槽LIVEと、

ステージに立つ機会も3度ありました。


自身、スタジオライフ入団10年目の節目の年として、

年内に、あともう一度だけ、

田舎から上京し、劇団に入団してから培ってきたイルの10年分の歌の結晶を

ご披露できたらなと考えております。

その時は、またいつもと変わらない

優しげな眼差しで

見届けにいらして下さったなら、嬉しい限りです。。



「恐れる事がある。」

「淋しい想いをする。」

「信じるものが分からない。」

「生きていなくていいとさえ思う」

「私から逃げたい。」

「どこまでも続く。」

「だけど、歩くしかない。」

「だから、歩くしかない。光らなくても。」


 涙の雨なら、もう祈るだけ。


 極限までのピュアに変えて・・・・。
  






a0023924_18114163.jpg















































今年の写真は、旅館から、
ケーキではなく、おつに和菓子でお送り致します。おめでとさま








                            2010・9・24
[PR]
# by ill621 | 2010-09-24 07:46 | Comments(31)
2010年 08月 06日
「真夏の水槽。」
「真夏の水槽。」

暑中お見舞い申し上げます。

ほんま暑いね。

みなさん、夏らしい事は、もう何かされましたか。

僕も、夏リフレッシュしたいのは山々なのですが、、、

いよいよ、8月8日、あさってに


〜Studio Life25周年presents〜  イル special LIVE 【真夏の水槽】


が、迫ってきているので、

毎日、寝る間も惜しんで、

制作や準備やリハに取り組んでいる感じです。

中野ウエストエンドスタジオの空間を、

水槽に見立てて、

この暑い夏の1日を、

イルワールドで、ひんやり(笑)として差し上げましょう。

19時スタートですので、みなさん遅刻厳禁よ!

当日券も、何枚か出して貰える事になったので、

時間ができた人は、フラッと涼みにいらして下さいね〜。

ゲスト出演も企画しておりますので、

ダークなイルサウンドの中にも、

和みありな、

ひと夏の、楽しいライブに溺れて下さいね。


ではでは、8日にお会い出来る事を楽しみにしております。
[PR]
# by ill621 | 2010-08-06 17:49 | Comments(81)
2010年 07月 27日
「じゃじゃ馬ならし。」
「じゃじゃ馬ならし。」

随分と、更新が遅くなってしまってゴメンナサイ。

しばらく更新しない間に、

スタジオライフ25周年記念公演・第2弾

『じゃじゃ馬ならし』の東京公演も終わってました。。。

残すは、大阪公演のみです。

御来場下さった皆様、誠にありがとうございました。



今回は、光栄な事に、

じゃじゃ馬娘・キャタリーナ役を

劇団から託していただき、

毎公演、汗だくになりながら、

体当たりで、男を捨てて

1ステージ1ステージ闘い抜いたつもりです。

とてもダイスキな役だったので、

演じていて、

凄く充実していたキャタリーナ役でございました。


「みなさまに、孤独だったキャタリーナちゃんの、

 自分を変えたいと願う、

 愛という名の闘志は、

 きちんと伝わったでしょうか。」


飼いならすというコトバが、

とても優しいコトバだと、

解釈した僕の想いは、

少しでも多くの人に届いたかな?


今回は、音楽劇という事もあり、

僕は、スタジオライフの本公演で、

初めて、こんなに沢山の歌を歌わせて頂きましたが、

イルで、音楽活動をこつこつ続けてきた事を、

キャタリーナの歌声に、

ちゃんと乗せようと、

思って稽古してきました。


うまく歌おうとする事よりも、

ひとつひとつの歌詞の心情を

丁寧に微細に汲み取って、

イルらしく、

キャタリーナらしく表現した

自分なりの、

歌を、

心をそばだてて、

聴いて下さった皆様本当にありがとうございました。


もっと、キャタリーナ役を演じていたかったけれど、

終わりはくるもの。。。

だからせめて、

今回のこの経験を、

また次のステージへと、

繋いでゆけたらと思っています。


何度も言いますが、

御来場下さった皆様、本当に本当にありがとうございました。


「キャタリーナは永遠に不滅です!!」


この愛をどうか忘れないでいて下さいね。













a0023924_61103.jpg












 













うぎゃっ、、、写真めちゃでかっ・・・すいません。。。


さぁ、次は8月8日の、イル「真夏の水槽」LIVEだ〜。


じゃじゃ馬ならしの方があまりに大変で、

ビックリするくらい、準備時間のない中で、

このまま8月8日を迎えてしまいそうですが、、、

イルの音楽に触れに、いらして下さる

大切な皆様に、

イルの世界を染み込ませられるように、

染み入ってもらえるように、

今夜も朝まで制作コースでした・・・

美織さんも、

精神がヘトヘトになってしまうほど、

イルに、力を貸して下さっています。

こんなにイルを包んで下さっている皆様や美織さんの

想いに、報えるようなライブになるように、

心を精一杯込めて頑張ります。
[PR]
# by ill621 | 2010-07-27 05:43 | Comments(26)
2010年 06月 21日
「6th Anniversary。」
「6th Anniversary。」

このブログも今日で丸6年です。

なんかいろいろあるけど、

どうにもならないものもあるけど、

舗装しながら生きています。

失望しきった自分がいて、

希望を手放せない自分がいて、

あきらめそうな憔悴があって、

踏ん張ってる執着があって、

気のせいだったりして、

それを目の当たりにして、

なのにまだ想いは続いていて、

着地できなくて、

いつも浮遊していて、

信じられるものが判らなくて、

信じてきたものに霧がかかって、

奇跡は、しょせん奇跡で、

それが軌跡に変わることはなくて、

こういうものだって、人生って、

もっと素晴らしいものだって、

思いたいのに、

まっすぐ歩けなくて、

手も繋げなくて、

こういうものなのかって、落胆して、

また思い知るのに、

余計あきらめきれない。

厄介な祈り。

介抱してあげる。

大事な人も。

大切じゃなかった私も、

私は背負う。

手負いの夢も、

深追いしたい・・・

この愛で、

覆う。


老いた夜、

置き去りにしなかったここを

きちんと埋めてあげたいから。

自分で割った鏡も、

落として割れた花瓶も、

壊れて割られた絆も、

破片も、

記憶も、

拾う。


そして、捨てない。

だって、捨てれない。

そんなたやすくないもの。

だったら、見つけなかったもの。

私の傍に揃えておきたい。

朽ちた後でも供えておきたい。

花は、枯れても花なのよ。


そこにこそ、普遍があると思う。


咲くものよりも、

枯れたものを尊ぶ生き方は、

とても、暗く空しいけど、

それでこそ、普遍だと思う


私は、きっとこんな自分を恥じちゃいけないんだ。


そして、忘れなかった痛みが、

あなたを綿に運ぶだろう。

骨が、それに出会った時、

いつかは、

いつまでもに、

どうかは、

同化に、

受精する。

星になり。

帆になる。

実り。

さよなら。 やっと逝ける。

知る。

こんな私にも、


それが、あったことを。


それが願い。


「それだけが私のすべて。」
[PR]
# by ill621 | 2010-06-21 01:27 | Comments(73)
2010年 05月 17日
「青空が似合うように。」
「青空が似合うように。」

今日は、6月5日(土)に行われる

国吉美織さんの主催イベント”青空市4”の

打ち合わせ&リハ等々をやってます。

このイベントは2年に一度開かれていまして、

イルは”青空市2”の時から毎回参加させて貰っています。

今回も、凄いミュージシャンの方々が出演者に名を連ねられていて、

イルも、共演させて頂ける事に

内心ビビリ〜の、

わくわくしまくり〜のでございます。


世界屈指のクライマー、

小山田大さんのクライミングジムという

ライブを開くには一風変わった不思議な場所で、

野外ライブさながらのココロ解放されたひとときを味わって頂けると思います。


音楽を聴いて、心が高鳴ってきたら、

そのまま施設内に設置されているクライミングに挑戦して

今度は身体を高鳴らせてみるなんてのもアリ!!



色んなアーティストさまが、

それぞれの世界観を持ち寄って、

音楽を奏で、

心を奏で、

「青空になる。」



その場で、同じ時間を共有しているだけで、

そして、その青空に耳をそばだてているだけで、

もう、

まるで精霊の森に迷い込んだかのような、

幻想的な1日を体感して頂ける事間違いなし。


都会の忙しさに少しだけ疲れちゃったなんて方は、

“青空市4”に是非癒されに来て下さいね♪




青空市4詳細ページ



でね、イルも、豪華なミュージシャンの方々と御一緒に2曲ほど歌わせて頂くよ。

久しぶりに初期の名曲(笑)「琵琶の子守歌。」も披露する予定ですよ〜。


6月5日、みなさまとステキな時間を過ごせますように☆



それからね、

7月の舞台「じゃじゃ馬ならし」が終わった後の、

8月7日(土)には、


Studio Life 創立25周年presents 〜イル special LIVE 〜 

『真夏の水槽』 と題しまして、


単独でイル特別ステージを開かせて頂く事になりました。


これまた久しぶりに、

ガッツリと”イルダークワールド” を堪能して頂くべく、

10曲〜13曲ぐらいの、表現曲を携え

魂打ち鳴らして歌わせて頂きますので、

”青空市4”共々、”真夏の水槽”の方も楽しみにしていて下さい♫


「イルの消しゴムは、まだこうしてここにちゃんと生きづいていますからね。」
[PR]
# by ill621 | 2010-05-17 22:04 | Comments(62)